厚生労働省指定の介護福祉士養成校 北大阪福祉専門学校
HOME >介護福祉士養成校の国家試験義務化3年延長

 

 

介護士 試験前研修を延期 厚労省、3年 人手不足 現場負担に 
厚生労働省は20日、介護の実務経験者が介護福祉士の国家試験を受験する場合に新たに研修の受講を要件とする法律の施行を、2012年度から3年延期することを決めた。人手不足の介護現場で、「研修は負担が大きい」との声が強いのを受けた措置で、通常国会に関連法案を提出する方針。


 介護現場で3年以上働く実務経験者に対する研修の義務化は、介護福祉士の資質向上が狙い。07年の法改正で、国家試験前に養成施設などで600時間の研修を受けることを義務づけた。だが、事業者や受験予定者から「研修が長すぎる」「研修のため職員を休ませるのが難しい」などの指摘を受け、研修時間を450時間に短縮、実施を3年先送りし、15年度とする。

 また、現在は自動的に資格が与えられる介護福祉士養成施設(大学、専門学校など)の卒業生に12年度から国家試験の受験を義務づけていたが、3年延長することを決めた。
介護福祉士の有資格者は約90万人で、昨年は約14万人の実務経験者が国家試験を受験し、約7万人が合格。全国約400校の養成施設を卒業した約1万人も資格を取得した。

                                      (読売新聞 朝刊 1月21日(金) 2面 )


※厚生労働省発表内容はコチラ

介護福祉士の資格要件の見直し

  介護福祉士資格要件の見直し


今後の入学生の国家試験の有無

国家試験の有無

厚生労働省指定の介護福祉士養成校 北大阪福祉専門学校 お問い合わせ 資料請求

PAGE TOP
厚生労働省指定の介護福祉士養成校 北大阪福祉専門学校